歯肉炎はすぐ直せる!歯磨き徹底!健康歯茎へ!

2本の歯ブラシとグラス

健康な歯茎は薄いピンク色で引き締まっていますが、腫れていると赤くなり、歯と歯の間が丸く盛り上がってきます。
腫れている状態は痛みがありませんが、歯磨きをすると出血するので気づくことは可能です。
歯茎が腫れるなどの炎症を持った状態のことを歯肉炎と呼びます。
歯肉炎は歯茎だけの炎症に限られた状態ですが、放置していると歯周病といって歯を支える骨などにも炎症は広がっていきます。
歯周病はやがて歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯肉炎の状態でしたら、歯磨きをしっかりすることで治すことができます。
毎日歯を磨いているのに出血が止まらないというのは、きちんと磨けていないことが原因です。
歯医者に行って、自分のお口の状態に合った歯磨きの方法を教えてもらいましょう。
出血があるというのは、歯周病の危険信号だと考えましょう。

歯医者で歯磨きの指導を受けなくても、磨き方くらい分かっているという人は多いです。
けれども、実際に汚れている部分を染めだしてみると、自分でも恥ずかしいと感じるほど汚れが残っていることが分かります。
磨き方は毎日の習慣の中で自己流になってしまいますが、磨いているから磨けているとは限りません。
歯茎からの危険信号である出血があるということは、お口の中に汚れが残り、歯茎が炎症を起こしているという証拠です。

歯茎が腫れていると違和感を感じたり、歯が浮いたような感覚があります。
歯肉炎であれば歯ブラシだけで健康な歯茎の状態に戻すことは可能です。
歯医者での指導の中では、歯ブラシだけでなく歯間ブラシなどの補助具を使うこともあります。
歯と歯の間は歯ブラシの毛先が入り込みにくいので、汚れがたまりやすいです。
補助具を使うことでお口全体をきれいにしていきましょう。

歯磨きは毎日しているのに、腫れが悪化してしまう場合も歯医者に相談に行って見ましょう。
歯肉炎は気づかぬうちに歯周病へと悪化してしまうからです。
口臭や、歯茎から膿が出るようなことがあれば、症状が進んでいます。
歯周病になってしまうと、完全に健康な状態に戻すのは大変なことです。
ですから、歯肉炎のうちにきちんと歯磨きで健康な状態にして、悪化を防ぐことが大切になります。

歯肉炎は痛みがないので、歯磨きの出血以外では自覚症状がほとんどありません。
いつも歯を磨くと血が出るからと放置することなく、この状態で治療や歯磨きの指導を受けて健康を維持しましょう。
日頃の歯磨きは歯肉炎の予防の一環です。