透明な歯列矯正器具のインビザライン!

マウスピース

インビザラインとは、透明で装着していても目立たないマウスピース型の歯列矯正装置のことをいいます。
一人一人の歯に合わせて作成したマウスピースを装着することで、歯並びを矯正していきます。
矯正中は治療のステップに合わせて、新しいマウスピースに交換しながら徐々に歯を動かして正確な位置へと導いていきます。

歯列矯正というと、金属ワイヤーを歯に取り付ける矯正方法をイメージする人も多いと思います。
ワイヤー矯正装置は白い歯についているととても目立ってしまうので、それが気になって歯列矯正をするのを躊躇っているという人も多いものです。
インビザラインは透明なので目立ちにくく、外見を気にする必要がありません。
また金属を使用していないので、金属アレルギーの人にも適しています。

インビザラインはマウスピース型の歯列矯正装置なので、簡単に取り外しが可能となっています。
食事の時に取り外すこともできますし、歯みがきや歯間ブラシを使ったセルフケアなども従来通りに行うことができます。
インビザラインのマウスピースは取り外して専用の洗浄剤を使って殺菌することもできるので、非常に衛生的です。

マウスピース型の矯正装置には、クリアアライナーというものもあります。
インビザラインとクリアアライナーの違いは、適応する範囲にあります。
クリアアライナーは前歯のような見える部分のみを動かす矯正装置で、インビザラインは全ての歯を正確な位置に移動することができます。
インビザラインの特徴は、痛みが少ないところにもあります。
これはインビザラインが、段階的に歯を動かして歯並びを矯正していくからです。
治療をしている最中に、装置が外れてしまうといったトラブルも起こりません。

ワイヤー式歯列矯正器具

従来までのワイヤーやブラケットを歯に装着する矯正方法だと、凹凸のあるワイヤーやブラケットが口の中の粘膜に当たって痛むということがありました。
当たったところに口内炎ができるといったトラブルもあります。
マウスピースだとそういった心配がないので、ほとんど痛みを感じることはありません。

インビザラインは、通院回数が少なくて済むというメリットもあります。
最初に取った歯型で、その後に使用するマウスピースを全て作成してしまいます。
自宅で自分で新しいマウスピースに交換すればいいので、通院する回数が少なくて済みます。
インビザラインで注意したいポイントは、決められた装着時間をきちんと守ることです。
装着している時間が短いと、思うような効果が得られません。